噛み合わせ外来ホリスティック・オクルージョン頭痛と噛み合わせ 音楽とスポーツ外来
歯周病治療歯周病はホメオパシーで治りますホメオパシーとは ホメオパシー治療

音楽とスポーツ外来


■ 高音質で聴くハイレゾ音楽ファンやミュージシャンのために
 ミュージシャンやスポーツアスリートは、それぞれの楽器や競技の特性により、普通の生活にない姿勢や動きをするため、職業病とも言える障害を抱えていることがあります。
口腔内の環境や噛み合わせを整えることにより、身体の重心バランスを矯正し、不自然な筋肉や靭帯の緊張がなくなると、痛みの軽減・消失が見られる場合があります。
ミュージシャンであれば長時間の演奏に耐えられるようになり、音色にも変化が見られます。また、五感を研ぎ澄ますことにもつながります。

■スポーツ外来
 噛み合わせがズレると、筋肉がズレるから、呼吸に影響してきます。呼吸に影響があると、スポーツや音楽に関係して来ます。呼吸というのは、精神的なものもありますし、呼吸がしっかりできないと、自律神経も悪くなります。噛み合わせがちゃんとしていると筋肉に力が入ります。ですからスポーツは、呼吸が出来ていないと、筋肉に力が入らず、持続的なものも出てこなく、瞬発力も出て来ません。
噛み合わせを改善することによって、ひとつには呼吸が楽になります。呼吸が楽になるということは、息が吸えるから持続できます。それから瞬発力も出てくるので、力が出てきます。呼吸を止めてやるような重量挙げなどは、呼吸をいっぱい吸って、全身の筋肉に一瞬に力が入りますので、物を上げる力が出てきます。
スポーツ歯学では、最初、マウスガードを入れて、口腔を守るということで、格闘技、ボクシング、ラグビーを含めて使用されて来ました。それから、食いしばってやるスポーツにも、マウスガードを入れると力が出てくるということで、スポーツ外来は大事だということになりました。
しかし、スプリントやマウスピースを入れることで、ドーピングに違反しているとなれば、自分の歯をそのようにすれば効果は同じになります。
ですから、最終的には、自分の最大限の筋力を引き出す噛み合わせにすることが大事です。スポーツ選手で義歯の人もいると思いますが、義歯でも自分の歯でも、噛んだ時に最大限の力が出せるような状態にすれば、生身の人の力が最大限発揮できるということです。それがスポーツで役に立つということです。